症例ブログ

2017.06.28更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですni

本日も左下にインプラントを1本埋める手術と、歯冠長延長術を同時に行いましたright arrowこ

画像で白く見える部分がインプラントですが、その左側にある歯の歯グキから出ている部分が短かかったので、

歯茎を下に移動させましたglitter

時間は1時間弱で終わりましたni

tooth都島でインプラント治療なら津田デンタルクリニックtooth

投稿者: 津田デンタルクリニック

2017.06.28更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですni

良く、「セラミックは割れやすい」と聞いたことはないでしょか?もちろんセラミック自体はガラスのようなものと考えていただくと

破折する可能性もありますが、それ以上に決められた厚みを確保しないと割れる可能性がありますuun

あるいは口の中で言えば一番奥の歯が顎関節に近いので力がかかりやすいと言われています!

g

上の写真では上の歯が一番奥になります

咬合力が強い患者さんで、セラミックの厚みを確保するのが難しかったので、ゴールドを選択しました

手前の詰め物はセラミックで治しましたni

g

金は「展延性」と言って叩いた時に良く伸びると言われており、強い力に対しても効果的だと言われていますglitter

tooth都島で審美歯科治療なら津田デンタルクリニックtooth

 

 

 

 

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

2017.06.27更新

こんばんは津田デンタルクリニックですni

先日部活動の際にボールが前歯に当たってしまった方の治療を行いましたburn

1

前歯2本のうち、1本は完全に折れてしまってましたので、抜歯した歯を固定させていただきました

もう1本の歯はもともとの歯の位置から外れてしまっていわゆる「脱臼(だっきゅう)」を起こしていたので、元のいちに戻して

固定しましたright arrow

ここからちゃんとひっついてくれたら神経の治療をしていく予定ですglitter

顎が骨折していないかもCTにて確認しましたtooth

tooth都島でCTよる診断なら津田デンタルクリニックtooth

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

2017.06.20更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですni

本日も上顎に2本インプラントを埋入するのと同時に犬歯(前から数えて3番目の歯)にエムドゲイン再生療法を行いましたglitter

上顎

上の画像で真っ白に写っているものが②本あると思いますが、これがインプラントですright arrow

大きさは直径が4.1mm、長さが8mmのものと、直径が4.8mm,長さが8mmのものを使用しましたtooth

ちらも1cmに満たない小さな「ネジ」ですが、これが顎の骨「歯槽骨」とひっつくことで、本来の歯と同じように

噛むことができるようになりますsun

同時に行った再生療法はどのタイプの歯周病でも治癒できるわけではないですが、文字通り骨を再生する手術です、

大阪大学で開発されて保険導入された「リグロス」もそうですねnote

歯科治療も複雑化してきていますが、それと同時に治せる範囲も増えてきていますni

時代と共に新しい材料・治療法等が日々開発されてきますが、常に正しい知識と正しい技術で治療していこうと津田デンタルクリニック

は頑張っていますni

tooth大阪市でインプラント、再生療法なら津田デンタルクリニックへtooth

 

 

 

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

2017.06.12更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですgya

「矯正治療」と聞いて歯の表側につくブラケットを想像する方が多いと思いますが、お子さんの時に矯正治療を開始する前に倒れている歯を起こしてきたり、少し移動させておいたりするのに当院では「リンガルアーチ」というものを多用しますni

リンガル

この場合は向かって左側の奥歯が内側に倒れているので外側に引っ張ろうとしていますglitter2

りんがる

フックのかかっている歯を外側に引っ張ろうとしています。

上の歯の方が内側に入っているのでこの様な噛み合わせを「交差咬合(こうさこうごう)」と言いますが、これは早期に改善した方が良いので、お子さんでこの様な噛み合わせの方はぜひご相談くださいflower

tooth都島でお子さんの矯正治療なら津田デンタルクリニックtooth

 

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

2017.06.06更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですflower2

当院でも矯正治療の患者様がかなり増えてきましたが、インプラント治療も併用していたり、被せ物が多く入っていて

矯正治療後に咬合治療が必要な複雑な症例の方も中にはおられますnamida

患者様に明確なゴールを説明したりするのにも、治療計画に妥当性があるのかを見るためにも複雑な矯正治療の時には

「セットアップモデル」を作るようにしていますni

せっと

患者様の型をとって模型にして、歯をバラバラにカットしてシミュレーションするためのものですgya

赤い部分がロウになっていますので、お湯の中で動かしたりしていきますni

当院では「舌側矯正」もおこなっていますので、接客をされている方でも見た目を気にせず矯正を行うことができますので、気になられる方は一度ご相談くださいflower

tooth都島で舌側矯正なら津田デンタルクリニックtooth

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

2017.05.23更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですni

先日ブログでご紹介したインプラントを利用した総入れ歯が完成しましたのでご報告させていただきますflower

以前にも紹介したように義歯にカラーリングをしていただきました完成

インプラントを利用しなければ少し外れやすい入れ歯になっていたかもしれませんが、インプラントを2本利用して

「ドルダーバー」を作成していただき、それと入れ歯を固定することにより、入れ歯はかなり外れにくいものとなりましたhand

ドルダーバー

これが「ドルダーバー」ですup arrow

患者さんにも喜んでいただきましたflower2

tooth都島でインプラントを併用した入れ歯なら津田デンタルクリニックtooth

投稿者: 津田デンタルクリニック

2017.05.03更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですhand

開院当初から治療されていた方の治療完了報告ですni

before

すでに左上が最初に根尖病巣のため、治療したのちに仮歯になっている状態ですが、

全体的に被せ物が平たい形になっているのがお分かりになるでしょうか?

また、前歯のセラミックはご自身の歯の色と合わなくなっていますnamida

被せ物が平らになっていると噛み合わせが安定しなかったり、過大な力が歯にかかったりしてしましまいます

また被せ物のきわがあっていないと「二次う蝕」と言って歯を磨いていても虫歯になってしまったりします

今回は古くなってしまっている被せ物を外し、噛み合わせの安定を図る「咬合再構成」

を行う事になりました!

咬合再構成を行う上で最終的にはセラミックで細かい噛み合わせの点を歯の中に何点も作ることで

噛み合わせの安定を図ります。

一般的にセラミックと言えば見た目の改善に使われると思いがちですが、噛み合わせの治療にも

使われるんですni

せ

実際に仮歯に置き換えた状態ですが、この時点で1つの歯で何点ぐらい接触させれるかを技工士の方が模型で教えてくれます

after

治療後の写真です

期間は1年半以上かかっていますが、歯の列の並びや形を綺麗に整えて置くことで

次に何かあっても治療の程度を最小限に抑えることができます

さらには見た目も綺麗になって患者さんにも喜ばれて本当に良かったですflower2

tooth都島で噛み合わせ治療を考えた総合治療なら津田デンタルクリニックtooth

 

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

2017.04.11更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですni

総入れ歯が動いて困ってられる方が家族にいらっしゃったり、ご本人で困っている方はおられないでしょうか?

そんな時は数少ない本数のインプラントを利用して快適な総入れ歯にすることが可能ですhand

ドルダーバー1

ドルダーバー2

上の写真は下あごですが、2本のインプラントを利用して金属のバーでつないだ状態になります

これにはまり込むようなものを入れば側に作っておけば下の総入れ歯はしっかり動かない状態になりますup arrowglitter2

「ドルダーバー」という種類のものになりますgya

ここまで来るのに最初の入れ歯の状態が悪く、つけていた期間が長かったので、顎の位置が定まらず苦労しましたshun

あってない入れ歯を入れ続けておくことは噛めないだけではなく、いざ治療する際にも難易度が上がってしまいますので、できるだけ早めに歯科医院にいらしてくださいni

tooth都島で快適な入れ歯治療なら津田デンタルクリニックtooth

投稿者: 津田デンタルクリニック

2017.04.11更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですhand

矯正治療には抜歯をしてそのスペースを使って歯が重なっているところを綺麗に並べる抜歯矯正と抜かないで外側に広げることで重なりを綺麗に並べる非抜歯矯正があると以前のブログでご説明しましたが、抜歯矯正の場合についてのお話をしたいと思いますni

さて唐突ですが、親知らずは前から数えて何番目の歯になるでしょうか⁉️

答えは番目ですni

抜歯矯正では一般的には犬歯の後ろの第一小臼歯、つまり前から数えて4番目の歯を抜くことが多いです

この4番目を抜いたスペースを境にしてそれ以降の奥歯とそれ以前の前歯の綱引きによって抜いた歯のスペースを閉じていくことになりますが、最初にさせていただく検査によって抜いたスペースの全部を前歯を引くのに使いたい場合があります

つまり、奥歯は動いて欲しくない場合があります

ミニインプラント

この図では左上の奥から2番目の歯の近くにネジのようなものが見えますが、これがミニインプラント・アンカー・TADSと呼ばれるものですni

ミニインプラントと聞くと怖いイメージがありますが、1本打つのに5分ぐらいで終わるものですので、思ったより大丈夫だったと言われる方がほとんどですni

歯の重なり具合が大きい方は実際歯がきちんと並ぶのかどうかも気になると思いますので、一度当院までご相談くださいhand

tooth都島で駅近の歯医者なら津田デンタルクリニックtooth

投稿者: 津田デンタルクリニック

前へ 前へ
facebookバナー
スタッフブログ Dr. Tsuda 症状ブログ OSAKA SJCD 都島おとなこども矯正歯科教室     インスタグラム
06-6922-6480