患者様の声 Q&A

2016.04.11更新

審美治療、とくにかぶせものの治療において、そのかぶせものが長くもつキーポイントが「適合」です。
そのためには拡大した状態で治療を行うことにより「適合」の精度をあげることができます。
当院では通常診療でも拡大鏡(4.5倍のツァイス社のルーペ)を使用していますが、細かい作業の際にはマイクロスコープを使用することにより、最大で25倍まで拡大して治療を行うことができます。
 根管治療においては従来では拡大鏡でも見ることが難しかった根の中の深いところまで見ることができるようになります。
従来の治療のあと、感染源がとれたと思ってマイクロスコープを除くと感染源が残ってることがよくあります。

投稿者: 津田デンタルクリニック

2016.04.11更新

状態にもよりますが、基本的には1時間を目安にしています。
2、3年定期検診に行かれていない方、歯石のつきやすい方は複数回の処置に分けさせていただくことがあります。

投稿者: 津田デンタルクリニック

2016.04.11更新

一般的には上の歯は普通に生えていることが多く、その場合は30分以内に抜けることがほとんどです。
一方、下顎では、横に生えている親知らずや、歯茎に埋もれている親知らずは歯茎を切って歯を分割した上で抜歯することがります。
この場合はその侵襲度合いによりますが、術後2、3日後をピークに1週間程度腫れることがあります。

投稿者: 津田デンタルクリニック

2016.03.15更新

歯茎があかくなり、歯ブラシをしたときに出血したりします。
歯茎がさがり、歯が長く見えるようになるとともに、健康な歯茎の状態では隠れていた歯が見えるようになり、しみたりすることがあります。
歯が浮いたような感じがしたり、さらに進むと口臭がしたり、歯茎から膿がでるようになります。

投稿者: 津田デンタルクリニック

2016.03.15更新

歯周病も感染症ですので、歯周病原菌という原因菌がいます。
歯石のなかに歯周病原菌がすみつき、「バイオフィルム」という塊をつくります。
歯周病原菌が出す毒素により歯のまわりの骨を溶かすことによって歯周病が悪化していきます。

また、この歯周病を悪化させる因子としては喫煙・糖尿病・妊娠等があげられます。
歯石は歯磨きでは除去することができないので歯科医院での除石が必要となります。

投稿者: 津田デンタルクリニック

2016.03.15更新

治療後の歯は、虫歯に感染した部分を削り神経が近くなった分だけお口の中の刺激が神経にすぐ伝わります。これが、治療後歯がしみる理由です。

 ただし、これも『第二象牙質』ができればなくなります。歯は神経を守ろうとして、神経を囲むように新しい象牙質をつくります。これが第二象牙質です。できあがると刺激は神経に直接伝わらなくなり、しみなくなります。
 しみなくなるまでの期間は、歯の状態や人により違います。1~2週間から半年ぐらいまで様々です。

特別冷たいものや熱いものに気をつけていれば、そのうち自然にしみなくなります。

投稿者: 津田デンタルクリニック

2016.01.18更新

こんばんは、津田デンタルクリニック 津田 祐ですhand

よく患者様に「一気に何本か治療することはできないの?」と聞かれることがあります。

平日の午前中・午後3時から夕方ぐらいにかけては比較的予約を取りやすい状況ですので、お口の中の状況によっては1時間ぐらい時間を頂いて何本か治療を進めることができますup arrow

 

平日の7時以降・土曜日は現在予約が取りにくい状況ですので、ご了承くださいen

まとめて治療を受けられたい方はお気軽に私か、受付にご相談ください❗️

集中治療なら 都島  津田デンタルクリニック

 

 

 

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

2015.12.13更新

こんばんは、津田デンタルクリニック 津田ですburnburn

今回は患者様よりよく質問をいただく

「親知らずを抜いた方が良いか、抜かない方が良いか」

について、当院での基準をお伝えしますnote

 

①たまに腫れる②炎症を起こし痛みを感じる③横向きに生えている

このような親知らずは抜かれた方が良いでしょう。

 

抜かない方が良い場合もあります。

きちんと上と下の親知らずが噛み合っている場合です!

噛み合っている場合でもその歯が虫歯になっていたり、

歯ブラシが当たりにくく将来的に虫歯になりやすい場合は

抜くことをお勧めすることがあります。

 

ちなみに横に生えている親知らずは

30代ぐらいまでに抜いておくことをお勧めしますtooth

 

残した方が良い歯はしっかり磨いて残していきましょう笑う

 

 tooth親知らずのご相談は津田デンタルクリニックへtooth

 

 

 

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

2015.09.15更新

よくあるご質問、Q&Aを掲載します。

投稿者: 津田デンタルクリニック

前へ
facebookバナー
スタッフブログ Dr. Tsuda 症状ブログ OSAKA SJCD 都島おとなこども矯正歯科教室     インスタグラム
06-6922-6480