小児歯科・小児矯正

小児歯科

お子様への診療において大切なのは「治療を受けようという気持ちを整えてあげること」だと考えます。
嫌がるお子様に対しては「初回はお喋りだけ」ということもあります。歯科医院を一度嫌いになってしまうと、次回以降、もっといえば成人以降、痛くても我慢することになりかねません。
歯磨き指導、生活習慣指導、フッ素塗布などを交えながら、歯に対する健康意識の基礎を構築する期間を大切に扱います。
※フッ素塗布とは
高濃度のフッ素を歯に直接塗布することで歯質を強化し、むし歯を予防します。

小児矯正

相談のタイミング

一般的に3~8歳の間に専門家に相談すべきとされていますが、早い内にご相談いただいても問題ありません。すぐ治療を開始しないとしても、現状を知り、予測を立てることが重要です。

都島で小児矯正をお考えの方は、キッズルーム完備の当院までご相談ください。

矯正治療メニュー

床矯正

永久歯が正しい位置や向きで生えてくるためのスペースをしっかり確保するための矯正装置。永久歯が生え揃ったあとの矯正が必要なくなったり、簡単なもので済んだりといったメリットも期待できます。

ムーシールド

透明で目立たない、痛みがほとんどないマウスピース型の矯正装置。就寝時だけ装着。
受け口(下顎前突)の治療に有効。

facebookバナー
スタッフブログ Dr. Tsuda 症状ブログ OSAKA SJCD 都島おとなこども矯正歯科教室     インスタグラム
06-6922-6480