症例ブログ

2017.05.03更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですhand

開院当初から治療されていた方の治療完了報告ですni

before

すでに左上が最初に根尖病巣のため、治療したのちに仮歯になっている状態ですが、

全体的に被せ物が平たい形になっているのがお分かりになるでしょうか?

また、前歯のセラミックはご自身の歯の色と合わなくなっていますnamida

被せ物が平らになっていると噛み合わせが安定しなかったり、過大な力が歯にかかったりしてしましまいます

また被せ物のきわがあっていないと「二次う蝕」と言って歯を磨いていても虫歯になってしまったりします

今回は古くなってしまっている被せ物を外し、噛み合わせの安定を図る「咬合再構成」

を行う事になりました!

咬合再構成を行う上で最終的にはセラミックで細かい噛み合わせの点を歯の中に何点も作ることで

噛み合わせの安定を図ります。

一般的にセラミックと言えば見た目の改善に使われると思いがちですが、噛み合わせの治療にも

使われるんですni

せ

実際に仮歯に置き換えた状態ですが、この時点で1つの歯で何点ぐらい接触させれるかを技工士の方が模型で教えてくれます

after

治療後の写真です

期間は1年半以上かかっていますが、歯の列の並びや形を綺麗に整えて置くことで

次に何かあっても治療の程度を最小限に抑えることができます

さらには見た目も綺麗になって患者さんにも喜ばれて本当に良かったですflower2

tooth都島で噛み合わせ治療を考えた総合治療なら津田デンタルクリニックtooth

 

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

facebookバナー
スタッフブログ Dr. Tsuda 症状ブログ OSAKA SJCD 都島おとなこども矯正歯科教室     インスタグラム
06-6922-6480