症例ブログ

2016.09.22更新

こんにちは、津田デンタルクリニック院長、津田  祐ですni

開業当初から早1年以上通院していただいている方も何人かいらっしゃいますが、その中の方で治療途中の状態を載せたいと思います❗️

【来院時の口腔内写真】

治療前

最初は左上のあたりの歯茎にできものが出来ていたことをきっかけに来院いただきました。

このできものは歯の根の治療がしっかりとされていないことにより根が膿んでいたことが原因でした。根の治療をすることでできものはなくなりました。

さらにレントゲンで全体的に見ていくと他のかぶせものの中も根の治療がしっかりされてないがあること、良く銀歯にありがちですが、噛む面が真っ平らになってしまい噛む位置が定まっていないことなどがわかりました。

患者様と相談させていただき、噛み合わせの治療を含めた総合的な治療をしていくことになりましたglitter

【現在の口腔内写真(治療途中)】

治療途中

仮歯、詳しくは以前ブログで紹介したプロビジョナルというものですが、これでしっかり噛める状態であるかチェックしてから最終のかぶせものを技工士さんに作製していただきますhand

 

銀歯の欠点としては本来の歯の形でないために、歯ブラシが行き届きにくかったり、噛む位置が定まらなかったりする原因になります。

銀歯が多く入っている方は噛む位置が定まっていない可能性が高く、噛む位置が定まらないために下に挙げるような弊害を生んでしまいます。

・顎の関節に負担がかかってしまって顎が痛む

・偏頭痛(噛み合わせだけが原因ではありません)

・かぶせものの磨り減りが早くなる

・かぶせものがはずれる(はずれなくても中の接着剤がとけるため、かぶせものの中で虫歯になる)

・磨いているのにかぶせもののきわが虫歯になる

・かぶせものが入っている場所の歯周病が進んでいる

等が挙げられます。

 

かぶせものが多く入っている方・歯がないけれど放置している方等は一度御相談くださいtelephone

 

tooth都島で噛み合わせ・総合治療なら津田デンタルクリニックtooth

投稿者: 津田デンタルクリニック

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

facebookバナー
スタッフブログ Dr. Tsuda 症状ブログ OSAKA SJCD 都島おとなこども矯正歯科教室     インスタグラム
06-6922-6480