症例ブログ

2018.12.27更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですflower

今回は口腔内全体の治療をされている方の治療経過のご報告ですf

インプラント治療を行なって奥歯でしっかり噛めるようにしたり、矯正治療で歯の位置が悪いのを修正したり

しながらしっかりと噛めるように、また被せ物が入る前の綺麗なお口の状態にするのが全体治療ですhand

お口の中が悪くなっていくのには原因があります。

虫歯だったり、歯周病だったり、歯ぎしりだったり・・・・

さらにはもともと歯並びが悪かったりすると悪くなるスピードが速くなったりします

歯の位置が問題になる場合はその解決のために矯正治療を選択することがあります

歯医者に通っても通っても治らないかた、その場しのぎの治療に疑問を持たれている方はぜひ御相談ください

大阪市都島区なら津田デンタルクリニック

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

2018.01.14更新

こんばんは、津田デンタルクリニック院長の津田ですni

f

インプラントと矯正を併用しての噛み合わせ治療を行なっている方の治療途中のレントゲン写真ですが、

インプラントもやる上に矯正治療もするの?と思われる方もおられるとは思いますが、

もともと歯があった時の歯の位置が悪いと適正な位置にインプラントを入れることができなかったり、残されている歯の掃除がしにくかったり、或いは噛み合わせが安定しなかったりしますnamida

こうゆう場合一般的には矯正は矯正の専門医に、インプラントをしていない歯科医院はインプラント専門医に

依頼しますが、当院では私自身が治療を計画し、私が全て行いますので、治療がスムーズに行えますni

複雑な状態になっているのを丁寧に治療していくことを当院の目標の一つにしていますので、ぜひお悩みの方はご相談くださいni

tooth都島で矯正治療なら津田デンタルクリニックtooth

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

2017.05.03更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですhand

開院当初から治療されていた方の治療完了報告ですni

before

すでに左上が最初に根尖病巣のため、治療したのちに仮歯になっている状態ですが、

全体的に被せ物が平たい形になっているのがお分かりになるでしょうか?

また、前歯のセラミックはご自身の歯の色と合わなくなっていますnamida

被せ物が平らになっていると噛み合わせが安定しなかったり、過大な力が歯にかかったりしてしましまいます

また被せ物のきわがあっていないと「二次う蝕」と言って歯を磨いていても虫歯になってしまったりします

今回は古くなってしまっている被せ物を外し、噛み合わせの安定を図る「咬合再構成」

を行う事になりました!

咬合再構成を行う上で最終的にはセラミックで細かい噛み合わせの点を歯の中に何点も作ることで

噛み合わせの安定を図ります。

一般的にセラミックと言えば見た目の改善に使われると思いがちですが、噛み合わせの治療にも

使われるんですni

せ

実際に仮歯に置き換えた状態ですが、この時点で1つの歯で何点ぐらい接触させれるかを技工士の方が模型で教えてくれます

after

治療後の写真です

期間は1年半以上かかっていますが、歯の列の並びや形を綺麗に整えて置くことで

次に何かあっても治療の程度を最小限に抑えることができます

さらには見た目も綺麗になって患者さんにも喜ばれて本当に良かったですflower2

tooth都島で噛み合わせ治療を考えた総合治療なら津田デンタルクリニックtooth

 

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

2016.09.22更新

こんにちは、津田デンタルクリニック院長、津田  祐ですni

開業当初から早1年以上通院していただいている方も何人かいらっしゃいますが、その中の方で治療途中の状態を載せたいと思います❗️

【来院時の口腔内写真】

治療前

最初は左上のあたりの歯茎にできものが出来ていたことをきっかけに来院いただきました。

このできものは歯の根の治療がしっかりとされていないことにより根が膿んでいたことが原因でした。根の治療をすることでできものはなくなりました。

さらにレントゲンで全体的に見ていくと他のかぶせものの中も根の治療がしっかりされてないがあること、良く銀歯にありがちですが、噛む面が真っ平らになってしまい噛む位置が定まっていないことなどがわかりました。

患者様と相談させていただき、噛み合わせの治療を含めた総合的な治療をしていくことになりましたglitter

【現在の口腔内写真(治療途中)】

治療途中

仮歯、詳しくは以前ブログで紹介したプロビジョナルというものですが、これでしっかり噛める状態であるかチェックしてから最終のかぶせものを技工士さんに作製していただきますhand

 

銀歯の欠点としては本来の歯の形でないために、歯ブラシが行き届きにくかったり、噛む位置が定まらなかったりする原因になります。

銀歯が多く入っている方は噛む位置が定まっていない可能性が高く、噛む位置が定まらないために下に挙げるような弊害を生んでしまいます。

・顎の関節に負担がかかってしまって顎が痛む

・偏頭痛(噛み合わせだけが原因ではありません)

・かぶせものの磨り減りが早くなる

・かぶせものがはずれる(はずれなくても中の接着剤がとけるため、かぶせものの中で虫歯になる)

・磨いているのにかぶせもののきわが虫歯になる

・かぶせものが入っている場所の歯周病が進んでいる

等が挙げられます。

 

かぶせものが多く入っている方・歯がないけれど放置している方等は一度御相談くださいtelephone

 

tooth都島で噛み合わせ・総合治療なら津田デンタルクリニックtooth

投稿者: 津田デンタルクリニック

facebookバナー
スタッフブログ Dr. Tsuda 症状ブログ OSAKA SJCD 都島おとなこども矯正歯科教室     インスタグラム
06-6922-6480