症例ブログ

2017.06.12更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですgya

「矯正治療」と聞いて歯の表側につくブラケットを想像する方が多いと思いますが、お子さんの時に矯正治療を開始する前に倒れている歯を起こしてきたり、少し移動させておいたりするのに当院では「リンガルアーチ」というものを多用しますni

リンガル

この場合は向かって左側の奥歯が内側に倒れているので外側に引っ張ろうとしていますglitter2

りんがる

フックのかかっている歯を外側に引っ張ろうとしています。

上の歯の方が内側に入っているのでこの様な噛み合わせを「交差咬合(こうさこうごう)」と言いますが、これは早期に改善した方が良いので、お子さんでこの様な噛み合わせの方はぜひご相談くださいflower

tooth都島でお子さんの矯正治療なら津田デンタルクリニックtooth

 

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

2017.06.06更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですflower2

当院でも矯正治療の患者様がかなり増えてきましたが、インプラント治療も併用していたり、被せ物が多く入っていて

矯正治療後に咬合治療が必要な複雑な症例の方も中にはおられますnamida

患者様に明確なゴールを説明したりするのにも、治療計画に妥当性があるのかを見るためにも複雑な矯正治療の時には

「セットアップモデル」を作るようにしていますni

せっと

患者様の型をとって模型にして、歯をバラバラにカットしてシミュレーションするためのものですgya

赤い部分がロウになっていますので、お湯の中で動かしたりしていきますni

当院では「舌側矯正」もおこなっていますので、接客をされている方でも見た目を気にせず矯正を行うことができますので、気になられる方は一度ご相談くださいflower

tooth都島で舌側矯正なら津田デンタルクリニックtooth

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

facebookバナー
スタッフブログ Dr. Tsuda 症状ブログ OSAKA SJCD 都島おとなこども矯正歯科教室     インスタグラム
06-6922-6480