症例ブログ

2017.04.11更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですni

総入れ歯が動いて困ってられる方が家族にいらっしゃったり、ご本人で困っている方はおられないでしょうか?

そんな時は数少ない本数のインプラントを利用して快適な総入れ歯にすることが可能ですhand

ドルダーバー1

ドルダーバー2

上の写真は下あごですが、2本のインプラントを利用して金属のバーでつないだ状態になります

これにはまり込むようなものを入れば側に作っておけば下の総入れ歯はしっかり動かない状態になりますup arrowglitter2

「ドルダーバー」という種類のものになりますgya

ここまで来るのに最初の入れ歯の状態が悪く、つけていた期間が長かったので、顎の位置が定まらず苦労しましたshun

あってない入れ歯を入れ続けておくことは噛めないだけではなく、いざ治療する際にも難易度が上がってしまいますので、できるだけ早めに歯科医院にいらしてくださいni

tooth都島で快適な入れ歯治療なら津田デンタルクリニックtooth

投稿者: 津田デンタルクリニック

2017.04.11更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですhand

矯正治療には抜歯をしてそのスペースを使って歯が重なっているところを綺麗に並べる抜歯矯正と抜かないで外側に広げることで重なりを綺麗に並べる非抜歯矯正があると以前のブログでご説明しましたが、抜歯矯正の場合についてのお話をしたいと思いますni

さて唐突ですが、親知らずは前から数えて何番目の歯になるでしょうか⁉️

答えは番目ですni

抜歯矯正では一般的には犬歯の後ろの第一小臼歯、つまり前から数えて4番目の歯を抜くことが多いです

この4番目を抜いたスペースを境にしてそれ以降の奥歯とそれ以前の前歯の綱引きによって抜いた歯のスペースを閉じていくことになりますが、最初にさせていただく検査によって抜いたスペースの全部を前歯を引くのに使いたい場合があります

つまり、奥歯は動いて欲しくない場合があります

ミニインプラント

この図では左上の奥から2番目の歯の近くにネジのようなものが見えますが、これがミニインプラント・アンカー・TADSと呼ばれるものですni

ミニインプラントと聞くと怖いイメージがありますが、1本打つのに5分ぐらいで終わるものですので、思ったより大丈夫だったと言われる方がほとんどですni

歯の重なり具合が大きい方は実際歯がきちんと並ぶのかどうかも気になると思いますので、一度当院までご相談くださいhand

tooth都島で駅近の歯医者なら津田デンタルクリニックtooth

投稿者: 津田デンタルクリニック

2017.04.02更新

こんばんは、津田デンタルクリニックですni

矯正治療をするのは①審美性の改善②噛み合わせの改善と大きく2つの目的がありますが、

今回は①審美性の改善についてのお話をしようと思いますdire

矯正治療の治療法を大きく分けた時に非抜歯矯正と抜歯矯正がありますが、

口元の改善をしようとした時は抜歯矯正を選択することが多いと思いますtooth

抜歯をしたスペースを利用して口元を中に入れていきます

具体的なケースを見ていきましょうflower

治療前

治療前の口の中の写真です、一般的には犬歯の後ろの歯を向いて矯正をしていきます

治療終了直前

治療終了直前です

上の歯も下の歯も歯が2本ずつなくなっているのがわかりますでしょうか❓

変化

上唇はそこまで変化がないかもしれませんが、下唇は内側に入ったのがわかりますでしょうか?

抜歯をしてますので、矯正治療の期間は3年程度かかってきますが、横顔が気になれる方は気軽に相談してくださいねni

 

当院では矯正治療によって噛み合わせの改善も重要視しています

せっかく矯正治療をしても噛みにくくなるのは悲しいですよねflower

tooth都島で噛み合わせのことも考慮した矯正治療なら津田デンタルクリニックtooth

 

投稿者: 津田デンタルクリニック

facebookバナー
スタッフブログ Dr. Tsuda 症状ブログ OSAKA SJCD 都島おとなこども矯正歯科教室     インスタグラム
06-6922-6480